プチ整形の効果と持続期間

笑顔の女性

プチ整形の代表的な方法が注射で求めるイメージに有効となる成分を直接、注入するといった方法です。そんなプチ整形を受ける前に知っておきたいのが、しわ取りやたるみ対策など同じ目的で施術を受けても、注入する成分によって効果と持続期間には違いがあるということです。まず注射で注入する成分の代表成分であるヒアルロン酸は、分子が小さく、肌になじみやすいため、注入したその日のうちに変化を実感することができます。

安全性の高い成分ですので、顔のしわやたるみだけではなく、鼻や顎、涙袋など様々な部位にも使われており、個人差はありますが一回の注射で数ヶ月から数年程度持続します。次にしわ対策や顔周りのエラ対策としてよく用いられているボトックス注射の場合、ヒアルロン酸と違って、注入してから2〜3日程度過ぎたあたりから徐々に効果があらわれはじめ、1週間後に多くの人が実感するようになります。持続期間は1ヶ月をピークにして、4〜6ヶ月くらいかけて次第に弱まっていきます。

また自分の脂肪を注入した場合、ヒアルロン酸同様に効果はすぐに実感することができます。また何割かの脂肪は生着するため、持続期間は長く、人によっては3〜5年程度となっています。