あごにヒアルロン酸を注射する整形手術

顔の輪郭は、その人の印象を大きく左右するパーツの一つであるといえます。多くの女性が、シャープでほっそりとしたフェイススラインにあこがれるものです。これとは反対に、あごが後ろに引っ込んでいたり、短い場合には、顔がのっぺりとした印象になってしまいます。これを解消させるために、先をとがらせて、フェイスラインをシャープに見せたいという願望を持っている人も多いでしょう。このような場合にはヒアルロン酸の注射による整形がおすすめと言えます。

ヒアルロン酸の注射は、メスなどを使って手術をするわけでもなく、比較的短時間で形を整えることができるので、手軽な整形であるといえます。あごに使用するヒアルロン酸は、半年から8カ月間ほどしか持続しません。また注入したものは、徐々に吸収されてなくなってしまうため、もっと早い期間で効果がなくなったと感じる人もいるでしょう。あごに使用するものは、硬くてしっかりと形を作れるものが多く使われます。硬いものの場合には、半年から8カ月間ほど効果が続くといわれています。

施術方法としては、麻酔を使用する場合としない場合があります。医療機関により料金内で麻酔をしてくれるところや、オプションになっているところなど様々です。また医師によって針を刺す位置や回数は異なります。医師と確認しながら形を仕上げていくことになります。

ヒアルロン酸注射